>

安く抑えるコツ

ここはおいくら?

ではまず主婦の仕事場「キッチン」を見てみましょう。
こちらは50万円から200万円ほど費用がかかります。
リフォームのポイントは利用する人の動線を配慮することです。
最近はシステムキッチンのアイランドが流行ってるのでそちらを検討される方もいますが、コストは高くつきます。
続いて「トイレ」です。
トイレは10万円から20万円ぐらいです。
最近は節水型や泡洗浄できる高機能なものが流行りですが、そういうものはもちろん費用がかさみます。
お次は「浴室」です。
こちらは50万円から150万円ほど。
ユニットバスをいじるなら100万くらいで、浴槽のみなら50万円以内でおさまります。
断熱設備にすればその他の費用が節約できるのでおすすめです。

費用抑えるならコレ

リフォームの希望は強いけど、あまりコストをかけたくない人にはもうこの手段しかありません。
それは「リフォームの範囲を限界まで絞る」と「トータルのグレードを落とす」です。
この二点になります。
緊急性のあるメンテナンスを目的とした修繕ならば、範囲を指定して費用のダウンは難しいので、工事のグレードを落とすか、順番に優先順位の高いところから行うしかありません。
あとは「追加工事をしない」や「途中の変更は避ける」ことも重要です。
追加で工事をお願いした場合と途中で工事に変更点が出るともちろん費用がかさみます。
これは意外とやりがちなので注意してください。
あとは「施主支給」といった方法もあります。
これは建材や設備を自身で購入して、工事する会社に支給し工事をお願いするものです。
意外と安くなります。


この記事をシェアする