>

ベストな取り組み

メンテナンスはいつか来る

仮に一軒家を建てたとしましょう。
おそらくそれは一生の住処になるはずです。
となると居住年数は長くなり、家は衰えてきます。
そこで必用になってくるのが家の修繕(メンテナンス)です。
ものによりますが家の外壁をいじるだけでも100万円ほどかかります。
修繕のためにもお金は貯めておきましょう。
修繕をお願いするところですが「その家を立てたハウスメーカー」や「地元の工務店」や「リフォーム会社」があります。
リフォーム会社は大規模な工事はできないもののコスト面は安くすみます。
地元の工務店は地元の声が集まっていて、様々なクチコミが聞けます。
ハウスメーカーはなによりその家のことを一番知っているし、頼みやすく安心でしょう。

修繕のペース

長年住んでると何かしらの不具合が家に出てきます。
「まぁこのぐらいならまだ大丈夫か」という安易な判断は危険です。
事故が起きてからでは遅いです。
「自分で修繕のタイミング判断できない」という方は、その家を建てたハウスメーカーに聞くといいでしょう。
きっと詳しく教えてくれるでしょう。
外壁材は10年から15年ぐらいで一回メンテナンスをするというのはよく聞きます。
ですが、家にタイルを使っている場合はなんとメンテナンスは不要なんです。
ようは家に使われている材質によってメンテナンスの頻度が異なるので、その点を踏まえて家を決めるのが賢い判断になるでしょう。
コストをかけたくない人に一番いいのはメンテナンスフリーのおうちでしょう。


この記事をシェアする